スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

底力

皆様 こんにちは。
夏らしい日になりましたね。
今日は午前中、美容院に行ってさっぱりしてきました。
もう2ヶ月近くも放置してありましたので。
最近、苦労が多い(?)のか白いものを指摘されることが多く・・・。
本当に、ここ最近のことなんですよ。だって、前々回美容院に行った時には美容師さんに。
「本当に白髪の一本もないねぇ」と、言われたばっかりですもの。
一年ほど前に黒髪に戻してみたんですが、またカラーリングをしてみました。

「(今のカラーリングは白髪には色が乗らないものもあると聞いたので)白いのも染まりますよね」と口走ったわたし。
あぁ・・・こうやって年を重ねていくのね・・・(涙)

今日の御題は。

『近代中国の思想世界ー『新青年』の群像ー』
(岩波書店 野村浩一:著 1990年)

《新青年》のダイジェスト版を手に入れましたから、あわせて読んでおります。
著者の略歴を見ますと。

1930年京都府に生まれる。1953年東京大学法学部卒業。現在立教大学法学部教授。中国近代・現代政治思想史専攻。
中国近代の展開の過程を政治と思想の接点に探り、その特質を西洋・日本との幅広い比較と強い現代的関心のもとに究明している。

・・・とあります。
そのせいか、文学というよりは社会科学分野が主題となっております。
昨日、紹介した『回眸《新青年》』の社会思想・哲学思潮の2巻が関係しております。

でも。
こんな事を言ったら。

プロの研究者を舐めるな!と言われそうなのを承知で申し上げますが。
古代中国の思想にも半端でない知識をお持ちなんだなぁ・・・と思いました。

す・すみません・・・失礼の段、平にお許しください。
と、申しますのも。

第2章『新青年』の世界・その重層性

の一部分。

李大の「青春」は、その思考の構造において、さらには思考の用具としての「語彙」において、むしろ驚くべき伝統的である。

とあります。
つまり自らの思考の先進性や過去の伝統からの呪縛を脱することを訴えようとしたのにも関わらず、「孔子や荘子が思考の骨格を形づくっている」ということを表しております。
それとあわせて。
私はテキストで以前、文学革命の胡適の「八不主義」は伝統的な文言を否定して白話を用いることを提唱したものであるが、そのもの自体は文言で書かれていた、というのを読んでその知識を得たわけですが。

それらはつまり。

文言と白話の区別が知識としてだけではなく身についていないとこんなことに気がつくわけないんですよね。
同じように、「語彙」が伝統的であるかどうかって事も。
そもそも伝統的な語彙を知らなきゃ、気がつくわけもない。
テキストに関して言えば、それを勉強したとき、「へ~、そうなんだ」と思って。
単位を取るのに必要だから覚えたには覚えたんですが。
それ以上の事なんて考えてなかったなぁ。
テキストでさらりと書いてあることも、それを発見するまでには途方もない身についたものの蓄積があったのだろうと・・・あ~、気が遠くなりそうです。

でも、ある古典の先生はおっしゃいました。

「先人が発見して定説となっているものは知識として使えばいいのです。」

そうですよね。全てを自分でやろうなんて考えたら(そんなことは不可能ですが)辞書ですら使えなくなってしまいます。
それを踏まえてもな、う~ん・・・凄みを感じてしまいました。

私のテーマは「書き換え」なんですが。
違いに気がつくというのは、勉強の「基本のキ」なんだと思います。
文献の比較はその文献の位置づけが分かってないと違いを取り出せても、違いの意味するところが分からないんですよね。
だんだん、気が遠くなってきました。
でもまずは「中国語」なんだろうな。
なんたって、ツールですもんね。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
★しほりちゃん
う~ん・・・言われてみれば・・・複雑だ。
苦労白髪もいやだし、老化白髪もいや。
でも、年齢的に言って、老化白髪の可能性がきわめて高いのよ・・・(涙)

カラーリングをして見えなくなったから、ちょっと最近忘れてました。白髪のこと。
こういうのを「臭い物に蓋をする」っていうのよね。はっはっは(笑)
2007/08/13(月) 13:41 | URL | piaopeng #-[ 編集]
白髪
老化の白髪がいいか、苦労白髪がいいか、悩みませんか?苦労白髪なら、また時期に黒くなるという希望があるけど、今、そんなに苦労してるの?という絶望感。老化の白髪なら、永遠に白いという絶望感。。。。


私も3本あるであろう白髪に悩んでます。
でも悩んだら増えそうだし・・・・。

お勉強分野はどんどん難しくなってきて私にはとんと分からない世界に突入しているようです。^^;。頑張ってくださいまし。
2007/08/12(日) 08:54 | URL | しほり #R63KSl6.[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

人生の短さについて

内容は若干難しいところもありますが、昔から人間という本質は変わっていないのだなーと感じます。現代日本にはない、壮絶な世界が、このタイトルを深みのあるものにしています。・量子力学と東洋哲学の接点について・瞑想時間を生活に:肚で瞑想し、空となり、無(超越性)

西洋哲学がたくさんあります

・デリダ哲学の平明な紹介・日本という方法―おもかげ・うつろいの文化・河合隼雄さんが亡くなった・底力・小田実氏死去・●Chain Reading (548) 「考える人 口伝西洋哲学史」池田晶子・【哲学堂公園】まるで哲学のテーマパークです。・絶妙なタイトル/池田晶子(哲学家)/

西洋哲学を極める

数あるヘーゲル本(新書)では平均点。マルクスよりカントの記述が少ないのは不満。社会の諸問題への回答としてはまあまあ。もう少し、難解でも読みごたえはあったろうなあ、な一冊、惜しい。・[レビュー:哲学][百冊]アルベルト・シュヴェーグラー『西洋哲学史 下巻』・デ
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。